自然豊かな命の里 信州伊那谷駒ヶ根の隠れ家サロン
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • カエルアケミのひとりごと

backgroundimage

カエルアケミのひとりごと

「出家」と「出奔」を今の言葉にすると…

昔の「出家」と「出奔」は今の言葉にすると「引きこもり」と「失踪」になるのだろうか、未来ではどんな言葉で表現されるのだろう。 なぜか倉田百三の『出家とその弟子』が思い出される朝。 カエル兄弟増えた対象年齢3才以上って書いて …

急に降りて来た童話。

今朝急に降りて来た(浮かんできた?)童話。夢で見たのかな? 『荘子』に出てくる、穴を穿たれて死んでしまった混沌の話しに似ている感じ。 むかしむかしあるところに小さなのら犬がいました。小さな小さな犬でしたので丸くなって寝て …

ノミのジャンプ力

「ノミのジャンプ力は、体長の100倍近くあります。そのノミをガラスのコップに入れて蓋をします。はじめは自由に飛ぶのですが、何度も頭をぶつけていくうちに低くしか飛ばなくなります。その後、天井を外してもノミは以前のように飛ば …

カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップに参加して~その6

朗読の次は立って場面ごとに動作を確認していく。演劇でいう立ち稽古。 自然な流れでワタシの役はよだかを追い詰める鷹になった。 よだかの家はどんなところか、鷹はどの位置からよだかに話をしているのか、一つ一つ確認していく。 同 …

カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップに参加して~その5

流れる涙とともに浮かんできたのは泣きたい状況になればなるほど息を凝らしてからだに力を入れてじっと固まっている子供の姿だった。 ああ、ワタシは泣かない子供、泣けない子供だったなあ。実はとても感受性が強くて涙もろかったのに、 …

カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップに参加して~その3

初日は1時半集合、簡単なオリエンテーションを経て2時半からスタート。 合宿には厳密なカリキュラムがあるわけではなく、参加者の状態をみながら臨機応変に進んでいく。 メモをとったりすることもない。知識を増やす頭の学びとは真逆 …

カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップ参加して~その2

誰かが何かを学びに行った話を聞いた時は、その学びの内容よりも誰から紹介されたのか、どんなところに魅力を感じたのか、を知りたいと思う。 その人をその学びにつき動かした「人」や「動機」に興味があるからだ。 そこにその人の「本 …

カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップに参加して~その1

【カエルアケミのひとりごと~瀬戸嶋充さんの演劇ワークショップに参加して~その1】 「よだかは実にみにくい鳥です」から始まる宮澤賢治の『よだかの星』。 宮澤賢治といえば『銀河鉄道の夜』が有名だけど、小さい頃から『よだかの星 …

カエルの自己満足手作り飾り

クリスマスリースに続き今年はお正月飾りも作ってみました。 左側は自家用、右側はお世話になっているご夫婦へ送ります。お二人のイメージを思い浮かべて作りました。招き猫のお飾りがいい味出してますかわいくできて大満足 いつもご当 …

カエルの自己満足陶芸

カエルの自己満足陶芸 ホワイトセージを炊く香炉皿?作ってみました。 自分で作ったものは少々歪んでいても傾いていても愛着がわく カエル愛が表現できて長く使えるものをまた作ってみたいなあ。 今回のは後ろ姿のカエルの可愛らしさ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © フローライトかなやま施術院 All Rights Reserved.